ビジネス思考の強いビジネスパーソンへ

ビジネス書のエッセンスを絞った書評と魅力的な会社のビジネスモデルの2つの観点からメールマガジンをお届けしています。

また、色々為になるビジネス情報等を定期的に配信しています。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< ツァラトゥストラはかく語りき(メルマガ20号) | main | ブランドバッグレンタルビジネス(メルマガ22号) >>
パンセ(メルマガ21号)
JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
サルでも分かるビジネス書andビジネスモデル(第21号)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
明けましておめでとうございます。
月日が経つのは早いもので、あっという間に年末年始終わって
しまいましたねー。
楽しかった反動でちょっと寂しいですね。
世界的な大不況に陥ってしまいましたが、止まない雨は無いの
で頑張っていきましょう!
 
(序文)
今回も分厚い哲学書を簡単に読み解いてご紹介いたします。
こんな言葉をご存知ありませんか?
『クレオパトラの鼻がもう少し低かったら、歴史は変わってい
ただろう』
 
実はこの有名な言葉ですが、言葉は知っていても誰が考えた言
葉なのか知らない方が多いのではないでしょうか。
 
そう、それはパスカルの『パンセ』
 
この本はまさに殺し文句の宝庫で、小泉元首相も『大義なき力
は暴力である』というパンセの一文を引用しているのです。
 
著名人が公の場で引用する名言の宝庫のパンセ、ご紹介いた
しましょう!
 
〔哲学書紹介〕
書籍:パンセ
著者:ブレーズ・パスカル
著者紹介: フランスの思想家、数学者、物理学者。数学、
科学、哲学、宗教などあらゆる学問に精通した今で言うマル
チクリエーター。
有名なところで、台風などの気圧をあらわすパスカルがある。
 
 
     概要
この本、実はパスカルが出版したのではありません。
パンセとはフランス語で『思想』または『書き残された文書』
という意味で、この本はその名の通り弟子達がパスカルのメモ
書きを寄せ集めて出版したものなのです。
ですので、発売当時の正式な名前は『死後遺稿の中に発見され
た宗教及びその他若干の問題についてのパスカル氏の思想(パ
ンセ)』といいます。
しかし、寄せ集めかよーと思った皆さん、バカにしてはいけ
ません!
天才が生み出したものはメモだって凄いんです!
 
     考える葦
人間は考える葦(あし)である。
 
聞いた事がある方もいらっしゃるかもしれないですが、パス
カルの言葉の中で、有名な言葉の一つです。
ドラゴンボールで例えるなら、ナメック星でフリーザに殺さ
れたデンデの兄弟ぐらいでしょうか。(Ans:カルゴ)
 
パンセの中の一説であるこの言葉は実際にはもうちょっと
長い言葉です。
 
『人間は一茎の葦に過ぎない。
自然の中で最も弱いものである。
だが、それは考える葦である』
     葦(あし):イネ科のススキに似た植物。すぐに折れ
てしまう脆い植物。
さらにこう続く。
『宇宙が人間を押しつぶす事は簡単だが、
人間はその思考によって宇宙を包み込むことができる』
 
広大な宇宙と比べたら、人間は葦のように弱々しい存在で
ある。
しかし、宇宙が人間より遥かに永く存在する事ができても
人間の方が尊い。
なぜなら人間は自分が死ぬこと、宇宙が人間より永く存在
できることを知っているが、宇宙はそんなことを何も知らないからだというのだ。
 
人間は、自分自身の弱さを自覚し考える事ができる。
そこが、人間が宇宙より唯一偉大な点だとパスカルは説い
たのだ。
 
考えることができる事が、何よりも尊いという事実を知っ
ていれば悩む事も尊いと思えるかも知れませんね。
 
     パスカルの賭け
『パンセ』の中の一説にこんな言葉があります。
『神がいることにかけたまえ』
この言葉を聴いただけだと何のことやらさっぱりわかりま
せんよね。
 
その意味を説明するには先ずその背景を説明しなければな
りません。
 
ここでいう、神とはパスカルも信仰していたキリスト教の
神です。
彼が生きていたのは、科学と理屈全盛の17世紀。
『そんなこというなら神様がいることを証明してくれよ!』
という疑い深い人が続出した。
ところが、そんな彼らの要望にパスカルはこう断言した。
『神がいることを証明するなんて無理!』と。
そして更にパスカルはこう呼びかけた。
『神がいることに掛けたまえ』と。
 
実はパスカル、勝ち負けの確立を研究するためにルーレッ
トを発明した人でもある。
このときの研究を元に、パスカルは
『買ったら総取り。負けても損は無い』
という究極の賭け方を探し出す。
それが神を信じることだというのだ。
つまり、神様を信じて、もし神様がいれば永遠の幸福が手
に入る。
でも、もしいなくても損する事ってなくない?という事な
のだ。
つまり、当たればでかく外れても損はしない賭け方を、
『パスカルの賭け』と呼ぶのだ。
 
■身近にあるパスカルの賭け
あなたは女性です。
今夜は付き合い始めた彼氏と3度目のデート。
そろそろ、今夜辺り彼に(ハート)
今日は勝負下着をはいて出発よ!!
 
これもパスカルの賭けです。
つまり、勝負下着を彼に見せたら効果は絶大、しかし勝
負下着を彼に見せる事が無くても、何も損はないのだ。
 
このようにパスカルの説いた『神を信じることこそ一番
手堅い賭け』という考え方は現代の私達の日常に深く根
付いているのである。
     書籍紹介
パンセ
http://utun.jp/1eU
 
     編集者評
人間は脆くて儚い存在。しかし、思想によってすべてを
包み込むことができる。
以前他の哲学者の著書で、人間の存在意義は『どれだけ
沢山の事を考えたか』と書かれていた。
複雑な思考をできるのは数ある生き物の中で、人間だけ
である。
私達は考えられるという行為の尊さを見つめなおすべき
なのかもしれないと感じました。
余談ですが、『クレオパトラの鼻がもう少し低かったか
ら、歴史は変わっていただろう』
という一説には次のような冒頭があります。
『恋愛の原因とは自分自身にはよくわからないものであ
る』
可愛い女の子が、自分の思わぬ魅力を見つけて惚れてく
れないかなー。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行元>
【サルでも分かるビジネス書&ビジネスモデル】
【発行者】シン@読書
【購読・解除】http://www.mag2.com/m/0000262983.html
【発行周期】隔週月曜日 
mixi】シン@読書
URLhttp://mixi.bz/dkm
【ブログ】http://sarubijinesu.jugem.jp/
【意見・ご質問】yousukedayousuke@mail.goo.ne.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Posted by : シン@読書 | メルマガバックナンバー | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 23:17 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP