ビジネス思考の強いビジネスパーソンへ

ビジネス書のエッセンスを絞った書評と魅力的な会社のビジネスモデルの2つの観点からメールマガジンをお届けしています。

また、色々為になるビジネス情報等を定期的に配信しています。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
文章力の上達方法
皆さんは新聞のコラムを読んでいますか?

以外と面倒だったり、どうせつまらないだろうと決め付けて読まない人が多いんじゃないでしょうか?

たまにびっくりする程良い事やかっこいい表現が見受けられるので自分は結構好きで読んでいます。

だからどうした!?って話ですけれども、限られた文字数できっちりとまとめられた文章、これがとても参考になるんです!

依然読んだ何かのビジネス書に書かれていたのですが、このコラムを切り取ってノートに張り付けて、空いているスペースにその内容を写し書きすると文章力がメキメキとつくのです。

ただ単に文章を写し書きしてるだけなんですが、非常に参考になります。

自分はたまーに気の向いた時にやる程度なのですが、とてもためになるので文章力を研きたい人は、お試しあれ。
Posted by : シン@読書 | ビジネス日記 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
生き残りをかけて
生き残りをかけて・・・

100年に一度と言われる世界的な不況になってしまいました。

日本のメーカーを牽引してきた自動車メーカーもトヨタは赤字転落、ホンダはF1を撤退と濃い暗雲が立ちこめてしまった。

企業の生き残り競争は文字通り存続と倒産の狭間で過酷になっていくだろう。

そんな中、部品を造る元となる金型業界でこんな勝ち組会社がある。

町工場が連なる葛飾区、社員僅か12人で主に自動車や医療品などに使われる三次元ゴム金型を手懸ける由良製作所。

社長の池森は汗を拭ってこう語る。

『今年の正月も社員が休日返上で交替勤務、受注がいっぱいでとにかく、機械を動かし続けなければ!』

その秘密は徹底した合理化にある。

職人気質が強い金型業界では、原価計算がつい丼勘定になりがちだが、同社は2002年から、工場内の数字という数字をすべて拾い上げ紙に書き出していった。

材料費は勿論、使用した工具の消耗量や加工時間を計測。

また設計時間と工期を短縮する為に、約八千万円を投じ三次元CADシステムと高速切削加工機を導入。

納期は6年前の3分の1に短縮した。

今や納期で困った客先の駆け込み寺だと言う。

まるでボクシング漫画の「はじめの一歩」の主人公の幕ノ内一歩が愚直に練習し、日本チャンピオンになったかのようなサクセスストーリーだ。

金型業界に関するアンケートで需要が減ると答えたメーカーは76.4%にも及ぶ。
そんな、不況下でも強さを発揮する企業に共通するのは歩みを止めずノウハウや技術を磨く愚直さなのではないだろうか。

そう、それは幕ノ内一歩が日本チャンピオンの伊達英治に負けた後、必死に藻掻いて藻掻いて編み出したデンプシーロールの様に・・・
Posted by : シン@読書 | ビジネス日記 | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
宮本武蔵の真実
剣豪で有名な宮本武蔵と歴史に刻まれた真実の宮本武蔵は全くの別物というのを皆さん知ってますか?

ヒッキーこと宇多田ヒカルとひきこもりのヒッキーぐらい違うんです。

1、佐々木小次郎はいない
実は佐々木小次郎というキャラクターは、後の人々によって作り上げられたもの。
とっても信頼できる資料(小倉碑文)によると、巌流島で戦った相手の名は岩流。
しかも70歳の老人という説もある。

2、武蔵は遅刻をしてなかった!
3時間佐々木小次郎を待たせてイライラさせたというのは嘘で、実は小次郎(岩流)より先に島についていたのだ。
丹治峰均筆記より

3、武蔵は大勢の弟子を決闘に連れていった。
実は一人で巌流島に乗り込んでおらず、約束を破り大勢の弟子を連れて相手を待ち構えていたのである。
沼田家記より

こんな夢もワクワクもないような現実の武蔵は嫌ですねあせあせ

しかし現実の武蔵はブルースリーや赤塚不二夫などが愛読した五輪書という、著名な本を残している。

敵に勝つ為の指南書ですが、仕事からプライベートにも生かせる現代でも大変人気のあるビジネス書なのです!

武蔵が現代まで生きていたら印税収入3億はくだらないというから凄い!

真実の武蔵も剣豪として名を馳せましたがあまりに奇抜でずるい剣術だった為、夢であった剣術指南役になれなかったと言います。

そんな、ちょっと格好悪い真実の武蔵は最後にこんな悟りを開きました。

『万里一空』

意味を知りたい方は五輪書を御覧になってくださいウィンク

補足に、誰しもが知ってるかっこいい武蔵は小説家 吉川英治によって書かれた虚構の存在なのです。
Posted by : シン@読書 | ビジネス日記 | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
パートタイマーやる気アップ制度
介護サービス「福祉工房」を運営する小俣昌彦事務所では訪問介護のパートに長時間働くほどポイントを付与する制度を一月に導入する。
知人を求職者として紹介した場合もポイントを加算する。
蓄まったポイントでハワイ旅行や一時金と交換できる仕組みで、介護職の魅力を高めるのに効果がありそうだ。
訪問介護員二級以上の資格取得者が対象で、一時間働く毎に一ポイントを与え、500ポイント蓄めると一時金で5000円が支給される。
さらに累計3500ポイントをためると10万円相当のハワイ旅行か一時金が別途支給される。

長時間労働に報いるこの制度は人材不足の介護業界だけではなく、他のパート中心の業種に水平展開できそうだ。

また求職者一人を紹介すると500ポイント、そして紹介した求職者が三ヵ月働き続けた場合250ポイントを追加支給される。

常勤職員には賞与があるがパートタイマーには働きに報いる柔軟な方法がない為、パートタイマーにとってモチベーションアップに繋がる有意義な制度ではないでしょうか。
Posted by : シン@読書 | ビジネス日記 | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
iモードの未来型
JUGEMテーマ:ビジネス情報
 
携帯電話のパイオニアだった日本も今や昔の話で、日本のメーカーは軒並み海外から
尻尾を巻いて逃げだしてしまった。

世界中のシェアを見るとノキアやサムスン電子といった後発のメーカーの足元にも及ば
ない状況だ。

これはiモードという携帯とWEBを組み合わせた革命的な発明をしたのをきっかけに、あ
ぐらをかいて国内メーカー同士狭い土俵の上で戦った結果だろう。

しかし、世界で通用しない理由は技術ではない。

世界の標準規格から外れた独自の規格を用いている為だ。

国内で争うより、当初から海外戦略に力をいれていたら、日本が世界の携帯電話の
多くのシェアとっていたと思う。

何故なら日本の技術開発力は高く、今もお財布ケータイやワンセグケータイ等世界に
先駆けた独自の技術があるからだ。

カメラ付き携帯だってそうだし、勿体ないなぁダッシュ(走り出す様)

日本が商売下手なのは国民性なんかな?

タイトルと大幅に屈折してしまったが、DoCoMoは次世代iモードをどのように考えて
いるか紹介します。

それはずばり持ち主の行動を先読みし、アドバイスをしてくれるものだ。

例を挙げると深夜まで繁華街にいた人に自宅までの最寄り駅に近づいたら、終電が迫
ってるとか、電車がくるよとかを教えてくれたり、ラーメン好きの人が昼間に普段立ち寄
らない駅に降りたら近くのラーメン屋を地図で教えてくれたり等だ。

使用者の求める情報をどうやって正確に伝えるかや、GPSで常に持ち主の情報を把握
されていることに対してのプライバシー問題等、実現化には課題も多そうだ。

自分としては近くにいるフリーで可愛い女の子の位置を知らせてくれるサービスがほしいなーウッシッシ
Posted by : シン@読書 | ビジネス日記 | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
CSRマーケティング
JUGEMテーマ:マーケティング

 最近個人的にCSR(企業の社会的責任)について勉強してます。

なので、ここしばらくはCSRの観点にまつわる内容を多くmixiや

ブログで紹介していこうかと思います。

 

最近大企業を中心にCSR活動が盛んに行われていますが、まだまだ

中身の無い対外的なCSR活動が多い気がします。

CSRは簡単に言うと自然環境及び社会のサステナビリティ(持続可

能性)の為の活動で、もっと簡単に言い換えれば地球やステー

クホル
ダーを大切にしようといういい感じの活動です。

その中で今回は題名にも述べたコーズリレーティッドマーケティング

が非常に興味深い内容だったので、ご紹介します。

上記のこの長ったらしい名称は、日本語訳で慈善活動協賛型マーケ

ティングと言います。

どういうものかと言うと、顧客が製品やサービス、アイデア購買活動

を起こした時に、発生する支払い金額の一定割合を定められた目的

の為に寄付行為を通じて社会に貢献するマーケティング活動である。

例をあげると、1983年にカード会社のアメリカンエクスプレス

(アメックス)が最初に提唱したもので、当事ニューヨークの自由

の女神を修復する活動にこのコーズリレーティッドマーケティングを

用いた。

具体的に言うと、3ヶ月間でカード使用1回毎に1セント、新カード発

行1枚ごとに1ドルを寄付する慈善運動協賛型の販売促進活動を展開

し、自由の女神の修繕費として170万ドル(約1.7億円)も集めた

のだ。

また、この活動でアメックスは期間中のカード使用率が昨対28%増に

加え、新カードの発行枚数においては45%も増加させたのだ

このように、市民からの絶大な人気と信用と社会貢献を同時に得られる

可能性がある活動なのだ。

ただし、売上活動の為の偽善だと言う声や、製品に対する評価を見誤る

可能性がある等と反対の声も少なくない。

個人的には極端に誤った活動をしなければとても意義深い活動だと思う。

現代においてはワコールやヤフーなどが参加する乳がん撲滅キャンペー

ンやキリンビールの屋久島保全活動等、様々な企業が取り入れている。

Posted by : シン@読書 | ビジネス日記 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
オタクツーリズム
 
家庭農園ができる郊外等、団塊世代によるセカンドホームツーリズムの可能性が芽生えている反面若者の旅行離れは深刻だという。

その一方で若者の間に急速に広がっているものがある。

それは漫画やアニメ等のメディアコンテンツだ。

その中でもコミケと呼ばれる1970年代に始まったコミックマーケット(漫画やアニメ作品の同人誌即売会)が大人気だ。

昨年夏に東京ビックサイトで開催されたコミケには3日間で全国か
ら延べ55万人も参加した


ただし自分には何がいいのかさっぱりわからん。

何にせよこうした漫画やアニメに基づく若者の旅行活動が、地域活性化に結びつき始めているらしい。

人気アニメ「らき☆スタ」の舞台となった埼玉県の鷲宮神社は今やアニメファンの聖地となり初詣で30万人を集める大盛況ぶりだ。

05年に約7万人だったのを考えると驚くべき増加だ。

他にも鳥取県境港市で水木のしげる氏の「ゲゲゲの鬼太郎」、北海道洞爺湖町でジャンプに連載中の「銀魂」を生かしての地域づくりをすすめている。

ちなみにロマンチストの自分は銀魂大好きです!

日本だけでなく海外からも評価が高い日本の漫画やアニメが起爆剤に新たな観光地が生まれるなんてなんか素敵だなぁ。

日本で育ち始めたオタクツーリズム、今後の新しいビジネスとして注目だ。

コミックマーケットの公式サイト
http://www.comiket.co.jp/#2

また、系統は違うが昭和の町並みをプロデュースする昭和コンサルティングも注目だ。

昭和の街並は自分達若者でさえ心に伝わるものがあるから、年配の方達にとっては本当に感動する光景なんだろうなー。

駄菓子が食べ放題の居酒屋や学校給食が学校の机で食べられる定食屋、昭和をモチーフとした老人ホーム・・・

このような流れは常に新しい事が求められる現代において、古き良き時代を求める大人の心の叫びを現してるんじゃないだろうか?

スピードばかりが求められている世の中で、ふと足を止め昔の光景を眺めながら懐郷にふけるってのも悪くないんじゃないかな。


Posted by : シン@読書 | ビジネス日記 | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
TOP